未分類

履歴書の正しい書き方は?書くのが苦手な方に読んで欲しいマニュアル

仕事探しをする上で必要なもの、それは履歴書です。

履歴書を書くのが苦手という方もいるのではないのでしょうか。

企業側に自分の事を良く知ってもらうために書く履歴書には、見やすく書くポイントがあります。

履歴書で落とされない為にも、履歴書の正しい書き方を紹介していきます。

履歴書の正しい書き方は?

基本情報

基本情報は、現在の自分の情報です。

日付や名前、住所、電話番号を間違えのないよう正確に記載しましょう。

日付は面接に持っていくなら面接の日に、郵送なら投函日に合わせて記入します。

顔写真は、Tシャツなどラフな格好は避けましょう。

アプリなどで加工されたものでなく、正面から撮られた清潔感のある印象のものを選びます。

学歴や職歴

学歴は、基本的に高等学校卒業からのものを記入します。

学歴から一行分開けたところから、職歴を書き始めます。

職歴は、配属先など職務内容についても詳しく記入しましょう。

転職の回数が多く、書くのが面倒であっても社会保険に加入していたものは書くようにすると良いでしょう。

免許や資格

免許や資格は、省力せずに正式名称を書くようにしましょう。

資格取得を目指しているものも、「取得予定」と記載しておくとアピールにもなります。

志望動機など

自分が会社のどんな面に惹かれて、志望をしているのかを念頭に置き記入しましょう。

「自分のスキルを活かしたい」や「給与に魅力を感じた」など具体的に書くのが良いでしょう。

通勤時間などの希望

通勤に時間がかかる場合など、勤務時間に希望がある場合は初めにきちんと希望を出しておきましょう。

履歴書を書く時の注意点

正しい履歴書の書き方の前に、失敗しないコツも覚えておきましょう。

・誤字脱字や略字に気を付ける
・鉛筆などでなく、消えない黒ペンで記入する
・書くことがなく空欄があったら「特になし」と記入しておく
・履歴書を汚さない
・履歴書の使いまわしをしない

などの点に気を付けましょう。

まとめ

履歴書で事前に審査されることも多くあります。

自分が就きたい職業なら、自分をアピールし好印象を持ってもらえるようにポイントを抑えていきましょう。

今さら聞けない面接時の基本マナー!押さえておきたいポイントとは?面接の日程が決まったら、しっかりと押さえておきたいのが面接の時のマナーですよね? 企業に一歩足を踏み入れた時から、面接は始まってい...