未分類

面接の流れとは?入室・退室のポイントも把握しておきましょう

面接は何度受けても緊張するものですよね。

応募企業に対して直接自分をアピールする場になりますので、しっかりと準備をしておく必要があります。

今回は、面接の流れについて詳しく紹介していきたいと思います。

面接の流れ

面接を成功させるために、基本的な面接の流れをみていきましょう。

入室・自己PR

入室の際はドアを軽く3回ノックして、どうぞと声がしたら「失礼いたします」と返事を行ってからドアを開けて入室するようにしましょう。

面接官を見て一礼し「よろしくお願いいたします」など言葉を添えて、どうぞと促されてから着席してください。

面接は自己PRから始まることが多く、相手の目を見てハキハキと話すことを心がけましょう。

転職理由

現在の仕事内容や転職理由などを聞かれます。

今までどのようなことを学んだのか、生かせるスキルがあるのかなどメリハリを意識して伝えるようにしてください。

前向きにステップアップを目指した転職であることを伝えると良いといえます。

志望動機

志望動機はとても重要になってきますので、入社意欲の高さ・今後の目標などしっかりと伝わるように事前に分かりやすくまとめておく必要があります。

自社へのこだわり・本気度を示せるようにしておきましょう。

条件確認

雇用条件など入社後にトラブルにならないためにも、しっかりと確認しておくことが大切です。

質疑応答

面接の中で不安に思ったことや気になる点があった場合には、遠慮せずに質問するようにしましょう。

退室

質疑応答が終了したら、椅子のわきに立ち一礼し「ありがとうございました」とお礼を伝えましょう。

入室時同様、ドアの開閉は静かに行い建物を出るまで気を抜かず行動してください。

まとめ

今回は面接の流れについてお伝えしました。

返事・声の大きさ・身だしなみ・姿勢・表情などさまざまなところをチェックされますので、面接官に対して自分がどのように映っているのかを常に意識しておくことが重要になってきます。

今さら聞けない面接時の基本マナー!押さえておきたいポイントとは?面接の日程が決まったら、しっかりと押さえておきたいのが面接の時のマナーですよね? 企業に一歩足を踏み入れた時から、面接は始まってい...